本文へスキップ

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の効果と時間

ホーム>モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の効果と時間

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の効果と時間

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)の効果と時間

モーニングアフターピルとは、避妊に失敗した時や避妊できない状況だったときに、望まない妊娠を回避するために用いられる緊急避妊ピルです。

使用方法は、避妊に失敗した後の72時間以内に一回服用し、さらに服用後12時間後にもう一回服用します。72時間以内に服用した場合の避妊できる確率は、98%以上とされております。


モーニングアフターピルに用いられるピルは、ホルモン量が多い中用量以上のピルが用いられるため、頭痛や吐き気などの副作用が出ることがあります。また血栓症のリスクも低用量ピルと比較すると格段に上がります。

低用量ピルと違って、普段から服用するものではなく、基本的には、避妊に失敗するなどして、妊娠を避けなければならない場合以外服用するものではありません。副作用リスクも高まるため、どうしてもモーニングアフターピルを服用しなければならない場合は、産婦人科などにて処方してもらいましょう。

服用は、72時間以内とありますが、なるべく早く服用した方法がよりベターなため、いざというときすぐに病院に行けるよう事前調べておいた方が良いでしょう。また、72時間以降ではまったく効果がないというわけではないので、医師に相談してみましょう。

モーニングアフターピルは、あまりお勧めできるものではありませんので、極力そのような状況に陥らないように日ごろから低用量ピルで対策しておくことをおススメします。

低用量ピルであれば、副作用リスクも少なく、病院に行かなくとも海外医薬品通販を利用して購入することもできます。(※服用に関しては自己責任となります)
なお、モーニングアフターピルも海外医薬品通販サイトで購入できますが、副作用リスクも高く、緊急性の高いものであるため、必要な場合は、病院で処方してもらうことをおススメします。