本文へスキップ

低用量ピル(トリキュラー錠28)は市販されている!?

ホーム>低用量ピル(トリキュラー錠28)は市販されている!?

低用量ピル(トリキュラー錠28)は市販されている!?

低用量ピル(トリキュラー錠28)は市販されている!?

女性の社会進出の増加に伴い、妊娠・出産をコントロールしたいと考える女性が増加したことや共働き世帯が増え、計画的に子供を産みたいと考える女性も増えており、そのような女性を中心に徐々に普及している低用量ピル。

日本では、トリキュラー錠28などがメジャーな商品として病院などで広く処方されていますが、これら低用量ピルは、病院でしか購入できないのでしょうか?

病院に診察に行って、処方してもらうというのは、働く女性にとっては、時間的になかなか厳しいものがあります。

薬局やドラッグストアなどで市販されていれば、買物帰りに購入できるので便利と思わる方も多いと思いますが、残念ながら薬局やドラッグストアなどでは低用量ピルは市販することができません。

低用量ピルは、日本では処方箋が必要な医薬品に指定されているため、原則として医師の処方のもとに服用する決まりとなっているためです。

しかし!ひとつだけ例外があります。それは、海外から低用量ピルを個人輸入すれば、医師の処方箋がなくとも自己責任において使用することが認められているのです。

そのためインターネット上には低用量ピルが購入できる個人輸入代行(通販)サイトが多数あります。これであれば、忙しい女性でも手軽に注文できます。個人輸入代行といっても専用のサイトがたくさんありますので通販感覚で簡単に注文できます。

ただし、インターネット通販で購入したものを服用する場合は自己責任となりますので、副作用リスクを踏まえた上で利用するようにしましょう!

また、インターネット上には怪しい個人輸入代行業者も多いので、信頼できるサイトで注文するようにしましょう。個人的には、医療機関から注文を受付けており、長年の運用実績のある海外医薬品専門の個人輸入代行(通販)サイトである「オオサカ堂」をお薦めします。

値段も病院で処方してもらうより遥かに安く購入できるので安心です。送料も1箱からでも無料です。商品の到着も約1週間程度で届きますよ。


低用量ピルの副作用に注意!
低用量ピルを服用する場合、気を付けておきたい副作用が血栓症のリスクです。血栓症とは、血管内にできた血の塊で血管を塞いでしまう症状です。脳の血管に詰まると脳梗塞、心臓の血管に詰まると心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

そのため、低用量ピルを服用する場合には、血液をサラサラにして血栓症を予防するクリルオイルを併用するのが安心です。低用量ピルとクリルオイルのお得なセットもありますので、低用量ピルによる血栓症リスクを抑えたい方はクリルオイルとのセットがおすすめです。

>>お得な低用量ピルとクリルオイルはこちらから
1箱からでも送料無料ですよ♪




低用量ピルの市販についてはこちらもどうぞ