本文へスキップ

ストレス性胃痛で体が悲鳴!!

ホーム>コラムバンクC>ストレス性胃痛で体が悲鳴!!

ストレス性胃痛で体が悲鳴!!

ストレス性胃痛で体が悲鳴!!

胃は「おしゃべりな臓器」と言われるほど、症状が出やすい場所です。身近な症状だけについ放っておきがちですが、ストレス性の胃痛は、心の問題が体の症状となって表れる「心身症」のひとつ。「ストレスに耐えられない」という体からの合図と考えて、早めに対処することが大切になります。

【ストレスに対する体の反応が胃痛を起こす】
ストレスを感じて、突然胃がキリキリと痛みだしたり、食べ物がのどを通らなくなった、という経験は誰にでもあるばずです。この体の反応は、自律神経と大きなかかわりがあります。自律神経には、体を緊張状態にする交感神経と、リラックスした状態に導く副交感神経があり、シーソーのようにバランスをとりながら働いています。

胃が食べ物を消化するのに適しているのは、自律神経のうちの副交感神経が優位になった、リラックスしているときです。副交感神経には、胃液の分泌を高め、胃の動きを活発にする働きがあるからです。ところが、ストレスを受けると、自律神経のうちの交感神経が優位になって、副交感神経はほとんど働かなくなってしまいます。交感神経の指令を受けると、心臓や目、筋肉など、危険に立ち向かうのに必要な部位に血液が集中し、危険回避にはとりあえず必要のない胃粘膜には、血液が集まりにくくなります。そして胃が動きを止めて収縮するために、敏感な人は、きゅっと締めつけられるような痛みを感じます。

また、極度のストレスによって、胃壁の筋層が過度に緊張すると、いわゆる「胃けいれん」と呼ばれる激しい痛みが起こることもあります。


【食欲が落ちたら要注意。ストレス胃炎の前段階の疑いが】
交感神経が高ぶった状態が続くと、胃粘膜の血行が悪くなり、粘膜を保護する粘液の分泌も減少して、胃の中は荒れた状態になってしまいます。一方、体の中では、長引く交感神経優位の状態に歯止めをかけるために、副交感神経の働きが高まってきます。

荒れた胃粘膜に、胃酸やペプシンといった消化液が分泌されると、胃粘膜そのものが「消化」されて、炎症を起こしてしまいます。この状態が繰り返されると、胃は慢性的に痛むようになり、場合によっては胃潰瘍になってしまうこともあります。また、ストレスの程度によっては、一瞬のうちに胃潰瘍ができてしまうこともあるといわれています。

ストレスによる胃の病気を防ぐためには、胃が「痛い」と悲鳴を上げる前に気づくことが大切です。食欲が落ちたり、食事がおいしくないと感じるようなら要注意です。そのまま放っておくと胃の痛みや病気つながるおそれがあります。心のほうは「やりがい」と感じていても、胃にとってはストレスとなる場合もあることを知っておきましょう。