本文へスキップ

女性ホルモンのバランスについて

ホーム>コラムバンクC>女性ホルモンのバランスについて

女性ホルモンのバランスについて

女性ホルモンのバランスについて



女性ホルモンが乱れると色々なバランスが崩れます女性はだいたい小学生高学年くらいになると月経が始まりだんだん大人に近づくにつれて胸も膨らんできます。

最初は月経も不安定ですが年齢と共に安定します。そこから女性ホルモンの働きが大人になるにつれて大切な心と身体のバランスを保つ働きをしますから、成長期に必要な栄養バランスがとても重大視されると思います。子供の頃から栄養バランスの整った生活習慣があると脳に与える活力も変わります。記憶力がアップする上に運動能力も上がります良くホルモンバランス崩すと太ったり、甲状腺機能が下がったりして、身体の体温が上がらない低体温になったりします。

女性ホルモンの機能が正常に働くようにするには高タンパク質で身体を温めるような食事を採るのが一番成長期にもそうですが年齢と共に筋肉も衰えていくので年を取るにつれてむね肉やささみなどを多く摂取することが望ましいと思います。

私は妊娠出産をするたびにホルモンの乱れが本当に怖いものだと自身の身体で思いしりました。妊娠している時は水を飲んでも体重が蓄積されて浮腫んでしまったり食べるとすぐ逆流して吐いてしまったりとにかく女性ホルモンの働きが乱れると拒食過食を繰り返してしまう人も妊娠出産は別として不安定になる人もいます。

それを考えると栄養バランスを気を付けていれば精神的なダメージで鬱になって疲れ易くなったりもしないし、肉体的にも高タンパク質を採ることで筋肉にもなるので40代後半で高年期障害なども防げると思います。

私も4番目産んでから、32歳くらいのときに若年高年期障害に悩まされました。暑くもないのに汗を異常に掻いてしまったり、めまいがして、パニックになり電車通勤が出来ない状態までになりました。それを考えるとやっぱり妊娠中に赤ちゃんに栄養を取られるわけですからつじつまが合います。子供を生む度に体型も骨盤も歪んだりして女性ホルモンの働きが悪くなるにつれて悪循環になるんだと思い私は5番目を産んでから4年経ちますが、体温を上げるための温活をしたりサプリメントを15種類、身体を温めるような薬膳茶、栄養補給するためのプロテインを毎日欠かさず飲んでいます。

最近では体調不良によってイライラすることもなくなり、めまいすることも動悸がすることもなく生活しています。女性ホルモンのバランスを保つ為には体温を上げることと高タンパク質を採ることだと私は思います。