本文へスキップ

肌荒れになってしまう要因は

ホーム>コラムバンクC>肌荒れになってしまう要因は

肌荒れになってしまう要因は

肌荒れになってしまう要因は

肌荒れは特に女性は往年の悩みですね。ニキビが1つあるだけで化粧のノリが良くなくなったり、特に痛みをもったニキビがあるとその日1日気になってしまいます。

そもそも、肌荒れは乾燥などの外的な要因が原因なのでしょうか。肌荒れの原因は、外的な要因の他に食生活での問題があります。昔から、チョコレートやピーナッツなどを食べると、ニキビがでやすいと言われています。
顔には内臓の不調を知らせるサインとなるポイントがあります。

例えばおでこは小腸の不調を、アゴの周辺は胃の不調を知らせてくれるポイントがあります。チョコレートやピーナッツなどの油分を多く含んだ食品を大量に摂取すると、消化器官で分解して処理をすることができなかった分が毒素として残ってしまいます。
その結果、内臓の不調を訴えるために顔にニキビや吹き出物がでてしまうのです。

ポテトチップスなどのジャンクフードも同じですね。摂取することが悪いことではないのです。自分の身体で処理をできないほど食べてしまうことで顔が荒れてしまうのです。

食生活を正すことで、肌荒れもだいぶ改善されるでしょう。また、食生活を正すことにならい、生活習慣も正すことが大切です。

肌荒れと睡眠時間には密接な関係があります。夜の睡眠不足や、眠っていてもぐっすりと眠れていないときはありますよね。こういう日は、疲れも残りますしお肌も荒れやすくなります。

特に露出している部分の肌は、ただでさえ紫外線などにさらされています。外気や花粉などもおなじです。そのお肌のストレスを、お風呂で流しきれいにしてから睡眠休息することが1番の修復法なのです。

22時から深夜2時までの4時間は、お肌にとってのゴールデンタイムです。この時間までに、しっかりとメイクを落としてクレンジングをし、美容液などでしっかりと保湿して、この4時間はしっかりと眠ることです。

そうすることで、肌の修復が早まり朝起きるとスッキリとして肌も調子が良く、化粧ノリもよくなるというわけです。食生活も生活習慣もですが、簡単に言えば生活のリズムを整えて、身体に良いことをするだけなのです。

しかし、いろいろな仕事をしている人がいますし、肌のゴールデンタイムにぐっすりと就寝できる人の方が少ないでしょう。ゴールデンタイムは大切ですが、あくまでも目安です。

その時間の中で数時間は眠れるようにし、食事は3色バランスよくしっかりと取ることであれば、始めやすいかと思います。