本文へスキップ

低用量ピルの効果や副作用

ホーム>低用量ピルの効果や副作用

低用量ピルの効果や副作用

低用量ピルの効果や副作用

中用量や高用量ピルは避妊薬として高い効果が期待できますが、含まれるホルモンの量も多いため副作用が出やすいというデメリットがありました。このためホルモンの含有量を最小限に減らした、低用量ピルが現在の主流となっています。

ホルモンの含有量が低くなり、副作用が出にくくなったとはいえ、医薬品である以上、何らかの副作用が起こるリスクもゼロではありません。しかし以前と比べて副作用の頻度は少なく、症状も軽いものが多いのでピルに対して抵抗を持っていた人もイメージは変わってきているようです。

低用量ピルを服用した事で起こりうる、いくつかの副作用を紹介しておきましょう。吐き気、頭痛、乳房の張りといった、生理前後に起こる症状と似ているものが多くなります。人によって起こる副作用にも違いはありますが、これ以外にもイライラやめまい、不正出血などどれも生理前後の症状とよく似ています。

低用量ピルを服用した事で副作用が出たとしても、一時的なホルモンバランスの変化が原因なので2ヶ月から3ヶ月すると自然に収まってきます。もしもそれ以上長く副作用が続く場合は、ピルの種類が体質に合っていない可能性があるので医師に相談するといいと思います。


低用量ピルは避妊薬として取り入れる人が多いのですが、そのほかにもうれしい副効果も期待できます。その副効果を目的として、低用量ピルを使用する場合もあるほどです。

例えば生理痛がひどい人や量が多い事で悩んでいる場合、子宮内膜を厚くしないような副効果のある低用量ピルを取り入れれば、生理痛の緩和や月経過多の改善、貧血の改善などの副効果が期待できます。

生理前後はどうしても体内のホルモンバランスが変化するので、ニキビや肌荒れに悩まされる人もいます。こういう場合は男性ホルモンの分泌を抑える作用のある低用量ピルを選びます。

また、生理が始まると排卵に向けて卵巣はいつも以上に頑張ります。この事で卵巣のダメージが大きくなり、卵巣がんなど女性特有の病気のリスクが高まります。これを予防するために、低用量ピルを飲み卵巣を休ませるのも副効果の一種です。

生理痛の改善、避妊薬として取り入れる場合は、長期間服用する事も珍しくありません。こういう場合は長期間の服用に向く、超低用量ピルなども選ばれています。