本文へスキップ

冷えとりで風邪知らず!

ホーム>コラムバンク@>冷えとりで風邪知らず!

冷えとりで風邪知らず!

冷えとりで風邪知らず!




最近は、夏には冷房冬には暖房は当たり前ですよね。室内は常に乾燥していて季節の変わり目も体調を崩しやすく、忙しい方は一年通してなかなか体調の管理が難しいことと思います。

ついつい生活リズムが乱れて風邪を引いてしまうという方も多いと思います。今回はそんな風邪のひき始めに絶大な効果を発揮する冷えとりについてお話しようと思います!

そもそも冷えとりとは何か?ということなのですが、その名の通り体を温めて免疫を高めることで自然な治癒力を高め、風邪や不調に強い体を作るといった健康法です。他にも温まることでカラダ本来の排毒(デトックス)する力を回復させるなど、健康だけでなく美容にもいい効果があります。
いろいろなアプローチでの方法がありますが、ここでは代表的なものをいくつかご紹介させていただきます。

その1:靴下の重ね履き
4枚以上のシルクや綿、ウールといった天然素材の靴下を重ねて履く方法です。
こちらは履く順番が決まっています。

1枚目:シルクの5本指靴下
2枚目:綿またはウールの5本指靴下
3枚目:シルクの先丸靴下
4枚目:綿などの自然素材の靴下

上記のような順番になっています。この順番にもきちんとした理由があり、1枚目に毒を吸い吐き出す効果のあるシルクを履くことでカラダのデトックスを促します。そして2枚目に急毒作用の強い綿を履くことで1枚目のシルクが吸い取った毒を受け止める受け手としての働きを担います。
その構造を重ねることでデトックス効果を高めます。日中の活動時間中はもちろん寝ているときにもしっかりと履くようにしてください。
そして靴下が汗で濡れたと感じた場合はできるだけこまめに取り替えるようにしてくださいね。


その2:半身浴
下半身は上半身に比べてとても冷えやすいです。むくみやすいのも冷えることによって水分が体に溜まってしまうことが原因です。

じっくりと半身浴で温めて、血の巡りを良くして老廃物を排出しましょう!
方法は簡単です。みぞおちから下だけを37〜39度のぬるめのお湯につけ、ゆったりと最低でも20分は浸かるようにしてください。

長時間行う場合は水分補給を忘れないでくださいね。ゆっくりと全身を温めることで体の芯まで温まり汗もたくさん出てきますよ。続けていると最初は代謝が悪く汗をかかなかった人でもたくさんの汗がかけるようになるので是非継続してみてください。

半身浴が難しい場合は足湯でも大丈夫です。冷めたら熱いお湯を足しつつ30分ほど全身が温まるまで続けてください。

他にも本格的に行う場合は食生活の改善など様々な方法がありますが、この二点を生活に取り入れるだけでも劇的な体質改善が見られますよ!

もし風邪っぽいかな?なんとなく体調不良が続くな〜といったことが気になる方は是非今日から試してみてください!