本文へスキップ

オリーブオイルでモッチリ肌に

ホーム>コラムバンク@>オリーブオイルでモッチリ肌に

オリーブオイルでモッチリ肌に

オリーブオイルでモッチリ肌に

オリーブオイルでのメイク落としはギトギトが取れず、仕上がりがサッパリしないという声をよく聞きます。
またクレンジングをオリーブオイルに変えたあとから、くすみやシミが増えたという話を聞きます。
正しい方法でのオリーブオイルクレンジングでない場合、やはり問題は出てきてしまうようです。
オリーブオイルでのクレンジング方法をもう一度確認してみる必要があります。

まずは使用するオリーブオイルについてです。
スーパーなどで販売しているものでも大丈夫ですので、必ず精製度の高いエクストラヴァージンオイルを選びましょう。
エクストラヴァージンオイルは酸度が0.8%以下と決まりがあります。
精製度が低いものを使用するとオイルの酸化も早く、油焼け(しみ)の原因となってしまいます。

オイルを塗布する前にすること。
通常のクレンジングでもそうですが、まずはバッチリアイメイクなどは専用のリムーバーを使用しましょう。
目の周りの皮膚は非常にデリケートです。落ちが悪いからといってゴシゴシこすったり、コットンで強く拭き取るなどすると、くすみの原因になります。
しっかりとポイントメイクを落としたあと、オリーブオイルを清潔にした手に取ります。
両手を数秒合わせ、オリーブオイルを温め馴染みやすくしくしてからクレンジングしましょう。

クレンジングの仕上がりがモッチリプルプルにするには。
オリーブオイルを指の腹で優しく円を描くようにマッサージした後はぬるま湯で洗い流そうとせずに、コットンを肌に乗っけて軽く拭ってください。このとき擦るように拭き取らず、ただコットンについたオイルのみが取れるくらいでOKです。

そしてレンジで蒸しタオルを作ります。
火傷する恐れがあるので、あまりに温めすぎないように注意しましょう。
蒸しタオルを顔全体に広げ、上から顔を覆うように手のひらで抑え、数分おき蒸します。
その後、優しくタオルで顔全体を拭います。

オイルでギトギトになった顔をすぐにぬるま湯で洗っても、オリーブオイルはぬるま湯を弾いてしまい、なかなか落ちません。
紹介した方法でクレンジングすれば、石鹸を使用したときのように洗い上がりはサッパリとはなりませんが、ギトギト感はなくモチモチで乾燥知らずの肌を手に入れられます。
面倒でなければ、クレンジングまえに蒸しタオルで予め顔を温めておくと、より毛穴の汚れが落ちやすくなります。

口にも入れられるものなので安心してクレンジングができて、経済的です。