本文へスキップ

低用量ピルの種類について

ホーム>低用量ピルの種類について

低用量ピルの種類について

低用量ピルの種類について

ピルは避妊以外にも、生理痛対策やがん予防などの効果も期待できます。昔からピルは存在していましたが、現在主流の低用量ピルはなく、中用量、高用量ピルが中心の時には、副作用に苦しむ人もいました。

現在はピルの種類も増え、ホルモンの含有量が少ない低用量ピルが主流となっています。低用量ピルでも十分な避妊効果は期待できますが、ホルモンの量を最小限にしているため飲み忘れのないようにする事が重要となります。正しく服用していれば、ほぼ100%避妊することができます。

現在日本で使用されている低用量ピルには、いくつかの種類があります。ピルにはエストロゲンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含まれています。黄体ホルモンはさらに異なる種類が存在するので、これにより低用量ピルの種類も変わってきます。

大きく分けて第1世代、第2世代、第3世代の3種類があります。世代別で分類される場合は、黄体ホルモンの種類の違いですが別の分け方もあります。ホルモンの含有量別に分けた場合、1相性、2相性、3相性となります。また現在では特許の切れた薬は、先発医薬品と成分や効果は同じなのに価格の安いジェネリック医薬品もあります。

低用量ピルは生理を28日周期で計算しているため、1シート28錠となっています。錠剤のシートには日付番号や曜日が印刷されていますが、日にちごとに色分けするなど見た目にもわかりやすくなっているものもあります。

ピルは、本来避妊薬として使用されますが、超低用量ピルといった生理痛や月経過多にも高い効果が期待できるため、避妊薬として以外の目的でも用いられるようにもなりました。