本文へスキップ

片頭痛が起きた時の正しい対処

ホーム>コラムバンク@>片頭痛が起きた時の正しい対処

片頭痛が起きた時の正しい対処

片頭痛が起きた時の正しい対処

頭痛が起きると、何をするにしても辛いものです。薬を飲むと大抵は症状が改善されますが、薬を持っていない時だったり、薬を飲んでも効かない時もあります。

特に片頭痛は、ズキズキとした痛みに加えて吐き気も出るので頭痛が起きると大変でしょう。そこで、片頭痛が起こった時の薬以外の正しい対処方法を紹介します。

片頭痛とは、頭の血管が拡張して、周囲の神経が引っ張られることで起こります。頭痛が起こった時に、お辞儀をしてみてください。この時に頭の痛みがひどくなるようならば、片頭痛です。

逆に頭の痛みがひどくならなければ、緊張型頭痛であると考えられます。この頭痛は、片頭痛とは原因が逆で、肩や首の凝りによって頭の血管が収縮し、血流が悪くなって起こります。頭は締め付けられるような感じだったり、重たい感じだったりして、吐き気を伴うことは少なく、目の奥が痛いことが多いです。片頭痛と緊張型頭痛は原因が異なるなので、対処方法を間違えると頭痛が悪化してしまいますから、正しい対処方法を知っておくことはとても大切です。

片頭痛の症状は、側頭部辺りがズキズキと痛むことと吐き気です。頭痛がひどくなれば、嘔吐することもあります。このような辛い片頭痛の症状を改善するためには、まずは頭の血管を収縮させる必要があります。血管を収縮させるためには、側頭部辺りを冷やします。冷やす方法は、身の回りにあるものなら何でも構いません。氷がなければ、冷たい飲み物が入った缶やペットボトルでもよいでしょう。

また、カフェインの摂取も血管を収縮させる作用があるため、吐き気がひどくなければ、緑茶やコーヒーを飲んでみましょう。

次に、もう一つ片頭痛の症状を改善する方法を紹介します。片頭痛が起きると、光や音に対して過敏になり、明るく騒がしいところにいると症状が悪化してしまいます。そのため、暗く静かな部屋で目を閉じて休むことも、症状の改善には効果があります。

以上のように、片頭痛には正しい対処方法がありますから、間違った対処方法をしないように気をつけてください。