本文へスキップ

若いからって油断禁物

ホーム>若いからって油断禁物

若いからって油断禁物

若いからって油断禁物

健康に気を付けよう!そんな、雑誌やテレビを見ても、10代20代、もしかしたら30代の人達も、自分には関係ないと思っているのではないだろうか。そうではありません。若いうちから、若いからこそ、健康に気を付けることで、年を重ねていっても健康でいられるのです。

若いうちから、健康にきをつけるには、まずは食生活です。暴飲暴食を続けていると、若いうちから、生活習慣病になったり、痛風にだってなりかねないのです。私の友人は、お酒が大好きで、おつまみが大好きで一年間のうちほとんどを飲み歩いていました。そんな生活を10年間続けた結果、35歳で痛風になってしまったのです。若いからと、油断しては決していけません。

独身の方は、なかなか自分で料理をするとなると、気が引けてしまうかもしれません。まずは、週に1度 、自分で料理をするということを心掛けていくと、週に1度が2度になり、料理をすることが、楽しくなっていきます。自分で料理をすることによって、こんなに油を使ってるんだ、野菜全然食べてないな、と思うようになり、健康にも繋がっていくと思います。

次は、適度な運動です。毎日仕事が忙しく、休みの日は疲れてなにもしたくない、と毎日繰り返していると、運動不足にもなってしまいます。女性は肥満になると、将来子供を産むときに、かなり苦労します。私がそうでした。もともと太っていた上に、更に妊娠をして太ってしまい、難産でした。若いからこそ、運動をして、内面からもキレイになりたいですよね。

通勤の際に、一駅歩いてみる、帰りにいつもバスや自転車を使うけど、歩いてみる、といったように、はじめは無理なく運動をしてみたらいいと思います。はじめから無理してしまうと長くは続かないです。継続する、ということが日々の健康に繋がっていくと思います。

1年に1度は健康診断を受けるのもいいと思います。若いうちは、なかなか病院へ行くことがないと思うので、何もなくても健康診断を受けるクセをつけておくと、将来も安心です。