本文へスキップ

低用量ピルの通販!トリキュラー錠28を最安値段で入手!

低用量ピルの通販!トリキュラー錠28を最安値段で入手!

低用量ピルの通販!トリキュラー錠28を最安値段で入手!

経口タイプの避妊薬として先進諸外国の女性を中心に広く普及している低用量ピル。妊娠・出産をコントロールでき、計画的な人生設計ができることから、近年は日本でも、意識の高い女性を中心に普及しています。

低用量ピルは、一般的には、産婦人科などで処方してもらえますが、インターネット通販(個人輸入代行)でも購入することができます。病院による処方の場合、通院や診察待つ時間など手間が掛かかり、値段も高くなるため、インターネット通販を選択する人が増えています。

低用量ピルは、日本では処方箋が必要な医薬品となるため、楽天などでは販売されていません。そのため、通販で購入する場合は、海外医薬品通販(個人輸入代行)サイトで購入するのが一般的になっています。

低用量ピルを購入できる海外医薬品通販サイトは多数ありますが、インターネット上には粗悪品を販売する悪質なサイトもあるため、購入する場合は、信頼性の高い海外医薬品通販サイトで購入する必要があります。

低用量ピルが購入できる信頼性の高い海外医薬品通販サイトとしては、オオサカ堂がお勧めです。医療機関からも注文を受けており、長年運営されている安心のサイトです。取り扱っている種類も多く、日本の産婦人科で広く処方されているメジャーな低用量ピル「トリキュラー錠28」も取り扱っております。ただし、商品は海外用となりますので、パッケージの色が日本用とは違い、商品名も「トリキュラーED」として販売されています。(メーカー・成分・用量はまったくの同一です)

コストパフォーマンスも非常に高く、病院処方の場合「トリキュラー錠28」の値段は、1箱(28日分)平均2,000〜3,000円にプラスして診察料がかかりますが、同サイトでは、1箱1,200円程度購入できます。私の知る限り、他の海外医薬品通販サイトと比べても常に最安値です。まとめ買いするとさらにお得で、6箱まとめ買いした場合は、6箱の合計で2,535円となるなど超格安です。(※価格は平成26年10月16日に確認したもので、為替の関係で変動する場合があります。)
商品は、海外からの発送となりますが、1週間程度で届き、1箱からでも送料無料なので安心です!

低用量ピルの副作用に注意!
低用量ピルの副作用としてひとつ気を付けておきたいのが、血栓症のリスクです。血栓症とは、血管内にできた血の塊で血管を塞いでしまう症状です。脳の血管に詰まると脳梗塞、心臓の血管に詰まると心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

現在の低用量ピルでは血栓症を引き起こすリスクは低くなったとはいえ、もともと血液がドロドロの人や遺伝的に血栓ができやすい人は注意が必要です。

そのため、低用量ピルを服用する場合には、血液をサラサラにして血栓症を予防するクリルオイルを併用するのが安心です。低用量ピルとクリルオイルのお得なセットもありますので、低用量ピルによる血栓症リスクを抑えたい方はクリルオイルとのセットがおすすめです。

>>お得な低用量ピルとクリルオイルはこちらから
1箱からでも送料無料ですよ♪


低用量ピルについて

低用量ピルは、経口避妊薬として、先進諸外国の女性を中心に広く普及しておりますが、それに比べると、日本での普及は遅れています。その大きな理由としては、厚生労働省の認可が諸外国とくらべて遅かったことと副作用に対する誤った認識によることが要因として挙げられます。

低用量ピルが厚生労働省に認可されたのは1999年ですが、アメリカでは1970年代にはすでに認可されておりましたので、それと比べても非常に遅い認可だったことがわかります。厚生労働省で認可が遅くなった理由は、薬の副作用うんぬんという話ではなく、女性は家庭に入って子供を産み育てるという日本的な考えから認可が遅くなったといわれています。

また、副作用に関する誤った認識として、「ピルは副作用が強いから怖い」と考えている方が多くいますが、それは、高用量、中用量ピルが主流だった40年以上前のことです。

たしかにそのころは、強い頭痛や吐き気、血が固まって血管が詰まってしまう血栓症のリスクが高いなどの副作用がありましたが、現在主流の低用量ピルでは頭痛や吐き気などの副作用は少なく、血栓症のリスクも低くなっています。
ただし、もともと血液がドロドロしている人や先天的・遺伝的に血栓症のできやすい体質の人は注意が必要です。

そのため、血栓症が不安な方は、低用量ピルと同時に血栓を予防する効果のあるクリルオイルなどを一緒に服用する方が増えています。

低用量ピルは、副作用リスクは少ないとはいえ、通販で低用量ピルを購入する場合、副作用については自己責任となるため、服用後異変を感じた場合は、病院で診察を受けることをおすすめします。中には、最初に病院で診察のみ受けて、低用量ピルは通販で購入するという方もいるようです。

低用量ピルの効果については、避妊効果はコンドームよりも遥かに高いことが立証されており、正しく服用することで、コンドームよりも確実な避妊方法として機能します。

これまで、日本の女性は、避妊方法についてパートナー(男性)に委ねる部分が大きかったですが、低用量ピルを服用することで、自分自身でコントロールできるため、最近では、低用量ピルを服用する女性が増えています。

また、低用量ピルは、女性ホルモンをコントロールするお薬であるため、本来の避妊効果もさることながら、生理痛の軽減や生理不順の改善、肌トラブルの解消など、うれしい副効果も期待できます。月経困難症の女性に対する治療として低用量ピルが用いられる場合もあるようです。

低用量ピルの副作用に注意!
低用量ピルの副作用としてひとつ気を付けておきたいのが、血栓症のリスクです。血栓症とは、血管内にできた血の塊で血管を塞いでしまう症状です。脳の血管に詰まると脳梗塞、心臓の血管に詰まると心筋梗塞を引き起こしてしまいます。

そのため、低用量ピルを服用する場合には、血液をサラサラにして血栓症を予防するクリルオイルを併用するのが安心です。低用量ピルとクリルオイルのお得なセットもありますので、低用量ピルによる血栓症リスクを抑えたい方はクリルオイルとのセットがおすすめです。

>>お得な低用量ピルとクリルオイルはこちらから
1箱からでも送料無料ですよ♪